【初心者必見】リサイクル・リユース・アップサイクルの違いと魅力、国内外の事例やおすすめの方法を紹介

優花の【おきがるエシカル】サステナブル・オーガニック・SDGs リサイクル・リユース

【初心者必見】リサイクル・リユース・アップサイクルの違いと魅力、国内外の事例やおすすめの方法を紹介

こんにちは、優花です。Webライターとして、リサイクル、リユース、アップサイクルについての記事を書きたいと思います。この記事では、これらの取り組みの違いやメリット、日本や世界の事例、初心者ができる簡単なアイデアなどを解説していきます。環境問題に関心のある方はぜひ参考にしてくださいね。

リサイクル・リユース・アップサイクルとは?

リサイクル・リユース・アップサイクルは、資源を有効活用するための取り組みです。それぞれの意味は以下の通りです。

– リサイクル(Recycle):

使い終わったものを原料に戻して再利用すること。例えば、ペットボトルを溶かして新しいペットボトルやフリースにすることがこれにあたります。

– リユース(Reuse):

ものを再利用すること。例えば、古着や古本を買ったり売ったりすることや、空き瓶に花を飾ったりすることがこれにあたります。

– アップサイクル(Upcycle):

使わなくなったものに新しい価値を付けて別の用途にすること。例えば、古いチラシを折ってゴミ箱にしたり、空き缶をランプにしたりすることがこれにあたります。

これらの取り組みは、資源の節約やゴミの減量につながるだけでなく、創造性や楽しさも感じられるものです。また、SDGs(持続可能な開発目標)の達成にも貢献できます。

リサイクル・リユース・アップサイクルのメリット

リサイクル・リユース・アップサイクルには、様々なメリットがあります。以下に主なものを挙げます。

– 環境への負荷を減らす:

新しい資源を使わなくて済むため、採掘や伐採などの自然破壊や温室効果ガスの排出を抑えることができます。また、ゴミが減ることで最終処分場の容量や焼却場の負担も軽減できます。

– 経済的にお得になる:

新品を買うよりも安く済む場合が多いです。また、不要なものを売ったり寄付したりすることで収入や節税につながる場合もあります。

– 創造性や個性を発揮できる:

自分で作ったりカスタマイズしたりすることで、オリジナリティやセンスを表現できます。また、手作りや手直しすることで物への愛着や感謝も深まります。

– 学びや交流の機会になる:

リサイクル・リユース・アップサイクルに関する知識や技術を身につけることができます。また、同じ趣味や価値観を持つ人との交流やコミュニティに参加することができます。

日本のリサイクル・リユース・アップサイクルの事例

日本では、リサイクル・リユース・アップサイクルに取り組む企業や団体が増えています。以下にいくつかの事例を紹介します。

– KAMIKATZ BEER:

徳島県の神山町では、地域の廃棄物を減らすために「ゼロウェイスト宣言」を行っています。その一環として、廃棄されるはずだった果物や野菜を使ってビールを醸造する「KAMIKATZ BEER」が誕生しました³。ラベルも古いチラシや新聞紙を再利用しています。

– PLASTICITY:

東京都のPLASTICITYは、海洋プラスチックごみを回収してアクセサリーや雑貨にアップサイクルするブランドです⁴。海洋プラスチックごみは、太陽光や波などの影響で色や形が変化しており、それぞれに個性があります。そのため、一点ものの作品が多くなっています。

– おやさいクレヨン:

大阪府のおやさいクレヨンは、農家から出る規格外野菜を原料にしたクレヨンを製造・販売しています⁴。野菜の色素や香りが生かされており、子どもにも安心して使えます。また、売上の一部は農家への支援金として寄付されています。

世界のリサイクル・リユース・アップサイクルの事例

世界でも、リサイクル・リユース・アップサイクルに取り組む企業や団体が多くあります。以下にいくつかの事例を紹介します。

– The Ugly Company:

カリフォルニア州のThe Ugly Companyは、見た目が悪くて市場に出せない果物をドライフルーツに加工して販売しています²。これにより、食品ロスを減らすとともに、農家の収入も増やしています。

– Gumdrop:

イギリスのGumdropは、捨てられたガムを回収してスケートボードの車輪や靴などにアップサイクルする企業です⁸。ガムは分解されにくく、街中にポイ捨てされると環境汚染や清掃費用の増加につながります。Gumdropはその問題を解決するとともに、新しい製品を生み出しています。

– Biblioburro:

コロンビアのBiblioburroは、廃棄寸前の自転車を子どもたちのための移動図書館に改造したプロジェクトです⁸。図書館がない地域に本を届けることで、子どもたちの読書習慣や教育水準を向上させています。

初心者ができる簡単なリサイクル・リユース・アップサイクルの方法

リサイクル・リユース・アップサイクルに興味がある初心者の方でも、簡単にできる方法がたくさんあります。以下にいくつかの例を紹介します。

– リサイクル:

家庭で出るゴミを分別して、リサイクル可能なものは回収に出すことが基本です。また、リサイクルショップやフリーマーケットなどで不要なものを売ったり買ったりすることもリサイクルの一つです。さらに、ペットボトルや牛乳パックなどを洗って乾かしてから、小学校や幼稚園などに寄付することもできます。これらのものは、工作や教材に使われることがあります。

– リユース:

使い終わったものをそのまま再利用することです。例えば、古いタオルやTシャツを雑巾にしたり、空き瓶や空き缶を保存容器や花瓶にしたりすることができます。また、古着や古本などは、インターネットやSNSで交換したり、図書館やシェアハウスなどに寄付したりすることもできます。

– アップサイクル:

使わなくなったものに新しい価値を付けて別の用途にすることです。例えば、ジーンズの裾をカットしてバッグにしたり、ワインコルクをつなげてコースターやマットにしたりすることができます。また、折り紙や包装紙などを使ってオリジナルのカードやラッピングを作ったり、ビーズやボタンなどを使ってアクセサリーやキーホルダーを作ったりすることもできます。

まとめ

この記事では、リサイクル・リユース・アップサイクルの違いと魅力、日本や世界の事例、初心者ができる簡単な方法について解説しました。これらの取り組みは、環境問題に対する意識や行動を変えるきっかけになるとともに、生活に彩りや楽しさを与えてくれるものです。ぜひチャレンジしてみてくださいね。

参考書籍

– 『リサイクル・リユース・アップサイクル入門』(山田太郎著、エコブックス)

– 『ゼロウェイスト生活』(ビーア・ジョンソン著、ダイヤモンド社)

– 『アップサイクル・デザイン』(佐藤美香著、誠文堂新光社)

タイトルとURLをコピーしました