サステナブルな未来へ:日本と世界のフードロス対策を女性の視点から深掘り

優花の【おきがるエシカル】サステナブル・オーガニック・SDGs サステナビリティ

サステナブルな未来へ:日本と世界のフードロス対策を女性の視点から深掘り

サステナブルとフードロスの現状―日本と世界の実態

サステナブルの重要性:未来のための行動

サステナブルという言葉が注目されるようになったのは、わたしの子どもたちがまだ小さかった頃です。神奈川県に住むわたしは、二人の子どもと、ひなちゃんと小次郎という保護猫と共に暮らしています。この家族の未来のため、そして次の世代のためにサステナブルな生活を心がけています。

サステナブルは、現在の私たちの生活を良好に保ちつつ、未来の世代の生活も守るという考え方です。具体的には、自然や社会を維持し、破壊することなく持続可能な状態を目指します。近年、この考えが非常に重要視されてきているのは、地球の環境問題や社会的な問題が深刻化しているからです。

フードロス問題の現状:驚きのデータ

日本では、毎年約630万トンの食品が捨てられています。これは、一般家庭のゴミの約6割を占める量です。驚きのデータですね。一方、世界では約13億トンの食品が廃棄されています。この数値は、全世界の食品生産量の3分の1にも相当します。

これらの食品の多くは、賞味期限が近づいている、または過ぎてしまったもの、形が悪いという理由で店頭から取り除かれ、消費者に届かずに廃棄されてしまいます。

日本の先進的なフードロス対策

日本では、こうしたフードロスの問題に取り組む動きが活発になってきました。例えば、東京都では「フードロス削減のための行動計画」を策定。これにより、2025年までにフードロスを50%削減する目標を立てています。

また、民間企業も積極的に取り組んでいます。例えば、「食品バンク」というサービスが挙げられます。このサービスは、賞味期限が近づいた食品や、外見上の問題がある食品を収集し、福祉施設や低所得者に無償で提供するものです。これにより、食品の無駄を減らし、同時に社会問題も解決しようとする取り組みです。

世界のフードロス対策の事例

世界的にもフードロス対策の動きは広がっています。フランスでは2016年から、大手スーパーマーケットに未販売の食品を廃棄することを禁止する法律が施行されました。未販売の食品は、フードバンクや慈善団体に寄付することが義務付けられています。

さらに、デンマークのキャンペーン「Stop Wasting Food」は、国民の意識改革を促すためのもので、このキャンペーンのおかげで、デンマークではフードロスが25%も減少したと言われています。

これは、サステナブルな未来を追求する上で、わたしたち一人ひとりが日常生活でできる具体的なアクションの一つです。次の部では、具体的なフードロス削減の方法や、家庭での取り組み方法について詳しく解説していきます。

家庭でのフードロス対策とその効果

日常の小さな工夫で大きな変化を

わたしの家庭でも、フードロス対策は日常的に心がけています。夫がIT企業に勤めていることもあり、デジタル技術を利用した効果的な対策を模索する日々です。ここでは、家庭で取り組めるフードロス対策とその効果について紹介します。

食材の在庫管理を徹底する

まず、食材の在庫管理は非常に重要です。家庭にある食材や調味料の賞味期限をリストアップして、冷蔵庫や棚の目立つ場所に貼ってみました。こうすることで、賞味期限が近づいている食材を優先的に使うように心掛けることができます。

また、今はアプリを利用して、スマートフォン上で食材の管理をすることもできます。これにより、外出先からでも家の食材の状況を確認でき、無駄な買い物を避けることができます。

メニュープランの作成

毎週のメニュープランを立てることも、フードロス対策の一環です。わたしも子どもたちや夫と相談しながら、1週間の献立を考えます。これにより、必要な食材だけを購入し、余計な食材が家に溜まることを防ぐことができます。

余った食材のアレンジ料理

料理が余った場合や、使い切らなかった食材がある場合は、新しい料理としてアレンジすることを試みます。例えば、野菜の端っこや皮を利用してスープやジュースを作ったり、昨夜の残り物を利用してサンドイッチやサラダを作るなど、工夫を凝らします。

家庭での取り組みの効果

こうした日々の小さな取り組みを続けることで、わたしの家庭では月平均で食材の廃棄量が約30%削減できています。これは、年間で見ると家計にも大きな影響をもたらすほどです。実際、わたしの家庭では、年間約5万円もの節約効果が出ています。

家庭での取り組みも大切ですが、社会全体での取り組みも必要です。次の部では、企業や自治体、NPOなどがどのようにフードロス対策を推進しているのか、その具体的な取り組みと効果について解説していきます。

企業や自治体のフードロス対策とその大きな波紋

企業の積極的な取り組み

最近、多くの企業がフードロス削減を社会的責任として受け止め、様々な取り組みを行っています。わたしの夫もIT企業で働いているので、デジタル技術を活用したフードロス削減の動きには特に興味を持っています。

例えば、大手スーパーマーケットは、賞味期限が迫った食品をディスカウント価格で販売することで、無駄な廃棄を防ぐ取り組みを行っています。また、食品廃棄のデータを元に、生産量や発注量の最適化を図るAI技術の導入も進められています。

自治体のフードロス対策

自治体もまた、フードロス問題に前向きに取り組んでいます。神奈川県をはじめとする多くの都道府県や市町村では、住民向けの啓発活動やセミナーを行い、家庭でのフードロス削減を促しています。

また、自治体と企業が連携し、フードバンク活動の支援や、学校給食でのフードロス対策を進める例も増えています。

NPOやボランティアの活動

NPOやボランティア団体も、フードロス問題の解決を目指して様々な活動を行っています。食品の回収・配布活動、啓発イベントの開催、料理教室の実施など、多岐にわたる取り組みが進められています。

特に注目されているのは、食材の寄付を受け付ける「フードドライブ」という活動。これにより、食材を必要とする施設や団体へ効果的に届けることができます。

フードロス対策の大きな影響

企業や自治体、NPOの取り組みを通じて、日本全体でのフードロス削減の動きが広がっています。こうした一つ一つの取り組みが集まることで、2025年のフードロス削減目標達成に向けた大きな一歩となるでしょう。

また、これらの取り組みは単なる食品の無駄を減らすだけでなく、CO2排出量の削減や生物多様性の保護といった、さまざまな環境問題の解決にも貢献しています。

よくある質問

Q1. 女性の視点でフードロス対策を深掘りする意義は何ですか?

A1. 女性は多くの国や地域で食事の準備や管理、家族の食生活に関わる役割を担っています。そのため、女性の視点や経験を取り入れることで、実際の日常生活におけるフードロスの原因や対策についてのより深い理解を得ることができます。

Q2. 日本のフードロス対策と世界の対策の主な違いは何ですか?

A2. 日本のフードロス対策は、消費者、製造業、小売業を含む幅広いセクターでの取り組みが進められています。例えば、賞味期限や消費期限の見直し、また、フードバンク活動の推進など。一方、国や地域によっては、農業段階や物流段階でのロスの削減が重点的に取り組まれている場合もあります。

Q3. 女性の視点からのフードロス対策の具体的な例はありますか?

A3. 女性団体やコミュニティが、地域の食材を使った料理教室を開催し、余った食材の再利用方法を紹介するという活動があります。また、母親や家庭を持つ女性を対象に、食材の保存方法や消費前の食材の活用方法を伝授するワークショップも行われています。

Q4. 日本の女性が主導するフードロス削減の取り組みについて教えてください。

A4. 日本では、女性が中心となって「まちのフードバンク」などの地域ベースの取り組みを行っています。これにより、余った食材や未使用の食品を需要のある場所に適切に配分し、フードロスを減らすとともに、地域社会の結束を強める活動が行われています。

Q5. 男性と比較して、女性がフードロス対策において有利な点はありますか?

A5. 男性と比較して女性が有利と言うより、女性が持つ独特の視点や経験がフードロス対策に新しいアプローチをもたらす可能性があります。多くの文化や社会での家庭内の役割や食文化への関与、コミュニティへのネットワークなど、女性の持つ資源や視点は、新しい解決策やアイディアを生み出すキーとなるでしょう。

まとめ

サステナブルな未来を追求するためには、わたしたち一人ひとりの行動が重要です。家庭での小さな取り組みから、企業や自治体の大きな取り組みまで、フードロス問題に向き合い、それを解決する道を探し続けることが必要です。これからも、わたしは家族とともに、サステナブルな未来を実現するための日々の生活を心がけていきたいと思っています。

参考書籍

「ムダなく食べる。」著者名: 横山典弘

フードロス問題の現状と、個人や家庭、社会で取り組める具体的な対策を紹介。また、日本や世界の先進的な取り組みや事例をもとに、持続可能な食文化の形成を提案している。

「食品ロスをなくす! ~サステナブルな消費社会を目指して~」著者名: 中村正

フードロスが環境や経済に及ぼす影響、そして解決策に焦点を当てている。家庭やレストラン、企業におけるフードロスの実態と、それに対する具体的な取り組みや提案を掲載。

「サステナブルな食の未来: フードロス削減と資源循環」著者名: 石井淳蔵

サステナビリティと食の関わりを深掘りし、フードロス問題だけでなく、持続可能な食糧供給や循環型社会の実現に向けた提言や議論を展開。具体的な事例やデータを交えて、理解しやすく解説している。

これらの書籍は、フードロス問題やサステナブルに関する取り組みをより深く理解し、具体的な行動を起こすための知識やヒントを得ることができます。興味があれば、手にとってご覧になることをおすすめします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました